転職理由にポジティブさを感じさせる態度を意識することがポイント

気をつけなければならない基本的なことなのに、案外見落としてしまいがちなのが面接時のネガティブな態度です。

企業が求めているのは採用後戦力として積極的に、そして前向きに仕事ができる人材ですから、前職に対する不満を隠さずにいたり、どこでもいいから別の職場に移りたいといった消極的な姿勢が透けて見えれば不採用になってしまいます。

 

書類審査が無事に通過したということは、基本的なスペックは認められているということです。

にもかかわらず面接が通らないのであれば、アプローチの仕方に問題があると考えましょう。

 

まず、転職の理由を見直してみてください。

大抵の場合は人間関係の問題や待遇の不満から転職を考えますが、前職の悪口に繋がりかねないそんな理由をそのまま伝えるのは悪手です。

 

人間関係が理由だと伝えればコミュニケーション能力に疑問を持たれてしまいますし、前職を批判するようなことがあればその攻撃的な態度をマイナスに捉えられてしまうでしょう。

 

転職の理由を前向きなものに変換させて伝えるというのは面接の基本ですが、実は不満が表情に出ていたり、雑談の中でポロリと本音が零れてしまうといった失敗をしてしまいやすいのです。

気を抜かないでください。

 

また、転職先でどんな仕事をしたいのか、具体性を持ってアピールすることも大切です。

行動に主体性がなければ仕事ができない人だと判断されやすいので、とにかくポジティブさを伝えることを重点に置き、笑顔で面接に望むことをおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ