期間工に向いている人とそうでない人

期間工で働く人は、将来留学したい人のように、短期間でお金を目標金額までガッツリ稼ぐことを目的としたアグレッシブな人も確かにいますが、半数ぐらいは訳ありな事情をプライベートで抱えている人が存在すると思っていたほうがいいです。

 

人並みの収入を得れている人、裕福な人はほぼいないです。

 

学生、失業中の人、フリーター、主婦(主夫)、無職時期が長い人、ニートや不登校経験がある人、自営業者(例を挙げれば芸人、農業・漁師)などジャンルは違えど、人と浅い付き合いを望む、人付き合いが好きでない人が多いので、過去のことや今のプライベートを根掘り葉掘り聞かれることを嫌う傾向にあると感じるため、ズケズケ人を詮索しがちな人は、期間工で働く際には配慮が必要だと感じます。

 

期間工は「年の中でも人手が足りない最も忙しい時期」に募集しているのだから、普通のコンビニバイトのように、人が来ない深夜に暇な時間帯が存在するというようなことは期間工には訪れず、時間を忘れるぐらい勤務時間にあくせく動く可能性が高いため、体力がない人は体がもたないように思います。

 

働く同僚とのコミュニケーションが必要最低限でいいと思うので、そこが良いところだと感じます。

期間工は出稼ぎに来た外国人がいることもあります。経験者や若い人のほうが採用される傾向にあります。

 

年齢の幅は20代から50代がメインであり男性が多く、60歳を超えると採用は難しそうです。

確率は少ないですが、期間工の仕事ぶりが評価され、そのままバイトや派遣社員や正社員になった人も存在します。社会復帰や履歴書の空白を埋めるのに良いのが期間工です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ