ビットコインとリップルという仮想通貨とその違い

仮想通貨という言葉をよく聞くようになってきましたが、その仮想通貨というとビットコインが有名であり、聞いたことのある人たちは多いのではないかと思いますが、実はビットコインだけではなく、リップルというのもかなり人気になっており、時価総額はかなりの規模になっています。

 

特にリップルはグーグルが投資をしたということで話題でもあり、注目されるようになりました。

 

ではビットコインとリップルという仮想通貨にはどのような違いがあるのでしょうか。それは採掘量です。

ビットコインが2100万枚で百万分の一まで活用することが出来るのに対して、リップルは1000億枚もの数があり、ビットコインというのは、採掘することで少しずつ上限の2100万枚に近づいていくのですが、リップルの場合には最初から、1000億枚があるというシステムになっています。

 

さらにリップルがビットコインと大きく違う点の1つは、単一のオンライン通貨ではないということです。

ですから、1リップルの料金を支払うことで、ドルやユーロや円といった通貨さらにはビットコインでさえ、金銭を送受することが可能であるということで、画期的なのです。

 

通貨のイノベーションが起きつつある今の社会において、ビットコインそしてリップルという新しい通貨はこれからさらに利用者が増えていくかもしれませんし、それだけにとても興味深いものです。

新しい投資の方法として仮想通貨を試してみるのはとても刺激のあることになるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ